けっこう痛いって話も

ムダ毛の処理は今や常識化しています。カミソリや毛抜きの自己処理は面倒な上、肌トラブルがつきもの。そこで、プロに任せる女性が増えています。そんな中、エステの光脱毛よりもお値段はしますが、その分脱毛の効果が高いと噂のレーザー脱毛。ムダ毛が濃いかなという方はこちらを選ぶことが多いようです。 レーザー脱毛はその名の通り光を使った脱毛法です。黒い色に反応する光を照射し、毛根をやっつけていくのです。光をあてて毛根だけを処理するという方法なので、これまれの電気脱毛に比べると、痛みが非常に少ないと言われています。しかし、レーザーのターゲットは毛根だけですが、毛根はいわばゆで卵のように熱処理されているわけなので、多少なりとも痛みは伴うようです。そこで、実際の体験者から、その痛みについて検証していきます。 よく説明などを見ると、輪ゴムでバチンと弾いたような痛みを伴うとあります。実際の経験者の話でもそのような痛みがあったという口コミが多いようです。特に、痛いのがvioなど皮膚の弱い部分や、男性のヒゲ脱毛などの太くて強い毛が密集しているところのようです。それ以外の腕や脚、脇などはそこまでは痛くないという方も多いようです。ただ、痛みの感じ方は十人十色で、vioでなくてもあまりにも痛くて冷や汗をかいたという人も結構多いようです。 ただ、レーザー脱毛は医療機関で行われるので、痛い場合は表面麻酔などが可能です。それで多少の痛みは軽減されますが、それでも痛くてだめという方も多いようです。 光の効力が強くて、効率のよいお手入れが可能な医療レーザーですが、その分痛みは伴うようです。その場合、麻酔をするという選択肢もありますが、耐えられない場合は仕方ないので、エステに切り替えるという方法もあります。 ただ、エステでもvioなどの弱い部分はやはり多少の痛みは伴うことが多いようです。それでも耐えられないというなら、除毛クリームとかカミソリで剃るのがいいでしょう。

Copyright(C) 脱毛の定番「レーザー脱毛」のこと All Rights Reserved.